シアリスの併用禁忌について

シアリスは器質性や心因性、または両者が原因となって起こる勃起不全の治療に用いられる薬で、PDE5阻害薬と呼ばれ、自然な勃起を促すと共に、長時間の維持に効果を発揮します。正常な男性の勃起は、脳が性的興奮を覚えると、神経を介して体内に一酸化窒素(NO)が放出され、海綿体の中で血管拡張を行うためのサイクリックGMP(cGMP)と呼ばれる物質が増えます。その結果、血液が海綿体へと流れ込み、正常な勃起の状態となりますが、そのままでは萎えずに血液が停滞したままなので、細胞にダメージを受けてしまいます。そこで射精などによって性的興奮が収まると、cGMPを分解する酵素のホスホジエステラーゼ(PDE5)が分泌され、血管拡張を抑えて海綿体へと流れる血液の量を減らすことで勃起を静めます。勃起不全の人はこのサイクルの中でPDE5とcGMPのバランスが悪く、勃起へのスムーズな作用が発揮されないと言われています。そのため、シアリスではPDE5を阻害することで、勃起を維持して途中で萎えるのを抑える効果があります。シアリスは心筋梗塞や狭心症の治療薬として開発された経緯があり、このことから血管拡張に関わる作用があるため、血圧に関する治療薬との併用が難しくなっています。主に狭心症や心不全に使われるニトロと呼ばれる硝酸薬は、相互作用を起こして急激に血圧を下がると言われ、併用禁忌のひとつになっています。また、その他の降圧剤や排尿障害治療薬でも、血圧に変動を起こす可能性があることから、使用には慎重を要するものとされます。加えて薬剤とは違いますがグレープフルーツなどの柑橘類が持つフラノクマリンが、相互作用を及ぼして効果を阻害するとされるため、併用には注意が必要となります。

■別のお薬をお探しなら
レビトラ 通販

■購入するならお得なジェネリック
メガリス

■有名なお薬でも使い方はしっかりチェック
バイアグラの注意事項